野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

高校ジャパンの1軍ドラ1・3人衆 それぞれのキャンプスタート

40人の新人選手がキャンプを1軍でスタートした。その中で、高校生ながらドラフト1位で指名された3人の投手が未来のエースになるべく、動き出した。

20160829_imai

未来のエースへ、期待かかる若手投手たち

 40人の新人選手がキャンプを1軍でスタートした。その中で、高校生ながらドラフト1位で指名された3人の投手が未来のエースになるべく、動き出した。

 楽天のドラフト1位右腕、藤平尚真投手は沖縄・久米島キャンプで2日にブルペンに入り。直球、スライダー、フォークなどを投げ込んだ。中学時代は走り高跳びのジュニアオリンピック王者。強靱な下半身から繰り出されるボールは可能性を秘めている。

 田中将大(現ヤンキース)も2007年キャンプは1軍スタート。高卒ルーキーはじっくり育成すべきという意見もある中で即戦力として、開幕からローテーションに入った。今年は則本、岸ら好投手が先発にいるため、開幕からすぐにローテに入れる必要はないが、素材の良さから今季中の1軍登板は間違いなさそうだ。

 ヤクルトのドラフト1位左腕・履正社高(大阪)の寺島成輝投手はまだブルペンでの投球練習はしていない。ブルペンでタオルを持ってシャドーピッチングし、傾斜で体の使い方とバランスを確かめた。新人投手のキャンプはどうしても気が張ってしまい、オーバーワークになったり、余計な箇所に力が入ってしまうことが多い。そのため球団もいきなりブルペンに入って、ケガやフォームを崩すリスクを負うよりも一度、マウンドの硬さや踏み込み具合を確認させてから、ブルペン投球をするように準備させた。無理はさせずに3月下旬、4月上旬の初登板を目指していく。

人気記事ランキング