野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークスキャンプ第1クール終了 工藤監督「ケガ人なくて良かった」

5日、ソフトバンクの春季キャンプ第1クールが終了。いきなりの“5勤”スタートとなったが、日曜日に雨に見舞われながらも5日間で6万8000人のファンが駆けつけるなど、相変わらずの人気ぶりを見せた。

5日間で「けが人なくて良かった」、ブルペン皆勤の大隣には「前提があっての5連投」

 5日、ソフトバンクの春季キャンプ第1クールが終了。いきなりの“5勤”スタートとなったが、日曜日に雨に見舞われながらも5日間で6万8000人のファンが駆けつけるなど、相変わらずの人気ぶりを見せた。

 5日間続いた第1クールも、最終日の日曜日は雨にたたられて短縮メニュー。工藤公康監督は、日課となりつつあるファンへのベースボールカード配布を終えたあと、ケガ人もなく終わった第1クールを振り返り「良かったね。まあ、この時期ならケガしても治す時間はあるけど、出ない方がいいからね」とホッとした表情を見せた。

「最初のクールなので、選手がどれだけ自主トレをやってきたのか、体がどこまでできているのかを見ていたが、みんなある程度やってきているなという印象は受けた」

 初日からA組投手陣が全員ブルペン入り。B組でマイペース調整を許された攝津正、松坂大輔、五十嵐亮太らも積極的にブルペンで投げ込んだ。中でも大隣憲司は初日から皆勤賞の5連投となった。

「投げるか投げないかは本人の意志。自分で何かを考え、トライしようとするのは悪いことではないし、大隣くんも自主トレでそれなりに投げてきたという前提があっての5連投だと思う」

人気記事ランキング