野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平のWBC欠場で米メディアに意外な反応も 「恋しさを一層募らせる」

日本ハムの大谷翔平投手が、右足首の故障のため第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場を断念した。武田翔太投手(ソフトバンク)を加えた野球日本代表「侍ジャパン」の28人に世界一奪還への期待がかかるが、一方で大谷欠場に失望する海外のメディアやファンも多い。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」では「残念ながら、WBCでオオタニをじっくり見られると思っていたアメリカのファンには、また悲報となった」と伝えていた。

20170117_otani

大会直前での欠場決定も…「期待は高まるばかり」

 日本ハムの大谷翔平投手が、右足首の故障のため第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の出場を断念した。武田翔太投手(ソフトバンク)を加えた野球日本代表「侍ジャパン」の28人に世界一奪還への期待がかかるが、一方で大谷欠場に失望する海外のメディアやファンも多い。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」では「残念ながら、WBCでオオタニをじっくり見られると思っていたアメリカのファンには、また悲報となった」と伝えていた。

 そんな中、今回のニュースを受けて「オオタニへの期待は高まるばかり」と伝えたのが、米メディア「スポーツ・オン・アース」だ。今オフにもポスティングシステム(入札制度)でメジャー移籍する可能性がある二刀流について「この欠場は、彼への恋しさを一層募らせる」としている。

「我々はついに世界で最も期待を集める野球選手が、メジャーリーグの球場でまばゆい光を浴びるものだと思っていた。海の向こうから伝わってくる信じられないストーリーの数々、ついにショウヘイ・オオタニが大舞台で躍動することを夢見ていた」

 記事でこう伝えているように、日本球界で常識を覆す活躍を続けてきた大谷が、WBCでベールを脱ぐ時が来ることを米国のファンは待ち望んでいた。“生大谷”が、準決勝・決勝の舞台となるロサンゼルスのドジャースタジアムで躍動する――。そんなイメージを持っていたはずだが、実現しなかった。

 ただ、このことが二刀流右腕の“価値”をさらに高めることになるというのだ。同サイトは、大谷が2014年の日米野球でMLBの打者から三振を奪った動画を紹介し、昨季、投打両方で好成績を残したことを回顧。そして、比較対象として「野球の神様」の名前をあらためて登場させている。

人気記事ランキング