野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「超人」系譜を受け継ぐホークス22歳 若き日の柳田と被る「名物行事」とは

夕暮れのアイビースタジアムに、若武者の声が響く。1日から行われているソフトバンクの宮崎キャンプ。練習後の恒例行事となりつつあるのが、誰もいなくなったグラウンドで行われるロングティー打撃だ。

20170202_masago

昨季U-23W杯のMVP真砂は糸井、柳田に続く「超人」となれるか

 夕暮れのアイビースタジアムに、若武者の声が響く。1日から行われているソフトバンクの宮崎キャンプ。練習後の恒例行事となりつつあるのが、誰もいなくなったグラウンドで行われるロングティー打撃だ。

 声の主は真砂勇介、22歳。昨秋のU-23ワールドカップでMVPに輝き、若き侍ジャパンを世界一へと導いたソフトバンク期待の外野手である。今キャンプは主力組の集うA組に抜擢。外野の定位置取りを期待されている大砲候補だ。

 連日、藤本博史打撃コーチが上げるトスを外野スタンドへと向かって打ちまくる。柵越え50本、ファールなら1本減、ポールに当てたら3本増など、ゲーム性も取り入れる中で、何度も、何度もバットを振る日々が続く。

 その光景を見ていて、ふと思ったことがある。どこかで見たことがあるような……。記憶を辿ってみると、ある選手に、真砂の姿が重なることに気がついた。

人気記事ランキング