野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天が今季から価格変動制を導入 これからの野球チケットのトレンドとは?

楽天が今季から価格変動制を導入 これからの野球チケットのトレンドとは?

東北楽天ゴールデンイーグルスが2017年シーズンからチケットの販売価格を変動制にすることを先日発表した。正式に導入するのは、日本球界では初となる。米国では以前からダイナミックプライシングを導入している球団が多く存在するが、日本でも楽天に続いていく球団があらわれる可能性も十分に考えられる。

full-count19

米国ではチケット電子化が主流に? ビジネス面でのデータ活用も

 東北楽天ゴールデンイーグルスが2017年シーズンからチケットの販売価格を変動制にすることを先日発表した。正式に導入するのは、日本球界では初となる。米国では以前からダイナミックプライシングを導入している球団が多く存在するが、日本でも楽天に続いていく球団があらわれる可能性も十分に考えられる。

 スポーツ観戦チケットの現状は日米でも大きく変わりつつある。これまでは選手の写真などが描かれた“特別感”のあるチケットが主流であった。私もこれに親しみを持っていたため、少し寂しい気もするが、安全面やビジネス面を考えると効率良い形へと変化しつつあるのは自然な流れと言えるだろう。

 昨年念願のワールドシリーズ制覇を果たし、伝統ある球団の1つでもあるシカゴ・カブスがこのオフ、印刷したチケットの利用を廃止することを発表した。自宅で印刷して利用できる紙チケットが主流となっていたが、偽造チケットとしての悪用が増加していたことが廃止の理由となった。

 米国では、購入方法として二次流通のチケットサービスを活用するファンも多いが、今後はアプリと連動して電子化していくことが主流となっていくだろう。“特別感”のあったチケットが減少することによって1つの文化が変わってしまいそうだが、その一方でシーズンチケットホルダーへはお馴染みのチケットが提供されることで付加価値を与えることにも繋がるだろう。

 このオフの観戦チケットの話題として、ロサンゼルス・ドジャースが半数のチケットを値下げ、もしくは現状維持で販売することも報道された。それでも昨シーズンよりはチケットの売り上げが上がることを予想しているという。その根拠としては、これまで主にフィールド上の戦いのために活用されてきたデータアナリティクスがビジネス面でも使われるようになったからだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中