野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ田口2軍監督に影響与えた3人の名将 日米の経験で導き出した指導とは

昨季セ・リーグ6球団の監督はすべて40歳代だったことに代表されるように、球団首脳陣に少しずつ世代交代の波が押し寄せている。唯一メジャー経験のある野手として指導・育成に当たるのが、昨季からオリックス2軍監督に就任した田口壮氏だ。

21070206_taguchi

1年目は「見ること」、2年目は「瞬発力」がテーマ、監督・田口壮のチーム牽引術

 昨季セ・リーグ6球団の監督はすべて40歳代だったことに代表されるように、球団首脳陣に少しずつ世代交代の波が押し寄せている。それに伴い、少しずつ増えているのが、海外リーグでプレー経験を持つ指導者だ。2014年からヤクルトで1軍投手コーチを務め、今季から2軍監督になった高津臣吾氏(ホワイトソックス他)、中日の1軍投手を務めるデニー友利氏(レッドソックス・マイナー)ら投手陣が目立つ中、唯一メジャー経験のある野手として指導・育成に当たるのが、昨季からオリックス2軍監督に就任した田口壮氏だ。

 2002年にオリックスから米カージナルスへ移籍し、マイナー経験を経てメジャー昇格。外野のユーティリティプレーヤーとして重要な局面での代打、守備固めなどで信頼を集め、2006年にはワールドシリーズ優勝に貢献した。カージナルスで6年を過ごした後、フィリーズ、カブスでプレー。2010年にオリックスに復帰し、2011年を最後に引退した。解説者を経て、再びユニフォームに袖を通したのが昨季。2軍監督としてグラウンドに戻った田口氏は「とにかく見ること」に徹したという。

「僕の考えを聞いてもらおうと思ったら、相手の考えを知らないといけないと思うんですよ。そういう意味では、コーチの経験もなくポッと2軍監督になった僕が、いきなり『ああして下さい』『こうして下さい』って言っても、全員が迷うはずなんです。今までの流れを何も知らない僕が来て、急に新しい2軍監督のやり方ですって変えても『なんじゃそれ?』ってなる。

 だから、僕が最初にやらないといけないのは、選手だけじゃなく、コーチや球団、みんなが何を考えて行動しているか、何をもって練習しているか、何を思っているかを、ちゃんと把握すること。だから、最初は何も言わずに、どんなことをやっているのか見てました」

 選手、コーチ、それぞれのやり方を尊重しながら、気が付いた点があれば声を掛ける。チームを“田口色”に大きく変えるのではなく、それまでの流れを汲みながら、1年をかけて少しずつ修正をしていった。

「みんな基本的にはプロとしてやってきたことがある。1年の選手もいれば、5年、10年の選手もいる。その中でみんなが何をやってきたか知らないと。人間、新しいものに対しては構えるもの。新監督に対しても構えますよ。だから、少しずつ変えていかないと、選手やコーチの色が死んでしまう。

 開幕してチーム状況を見ながら『俺が思うに、キャンプをこういう状況で過ごしてきたから、こういう状況になっているんじゃないか』っていう話から始まって『だったら、もう少し練習方法を変えないとね。こうやったらようなるんじゃない』って少しずつ修正を掛ける作業を増やした感じですね」

人気記事ランキング