野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今も鮮明に覚えているメッセージ ロッテ高卒4年目右腕が今季にかける想い

子供たちの目を見ながら、ゆっくりと話をした。二木康太投手は昨年12月、鹿児島県指宿市内の小学校5年生の1クラスを対象に「夢を持つ大切さ」を語る授業を行った。日本プロ野球選手会と日本サッカー協会こころのプロジェクト推進会による連携プロジェクトで選手を「夢先生」として小学校へと派遣する「夢の教室」。選ばれた二木は地元・鹿児島の学校の教壇に立ち、熱弁をした。

20170208_futaki1

子供たちに夢を伝える「夢先生」、ロッテ二木が今季にかける想い

 子供たちの目を見ながら、ゆっくりと話をした。二木康太投手は昨年12月、鹿児島県指宿市内の小学校5年生の1クラスを対象に「夢を持つ大切さ」を語る授業を行った。日本プロ野球選手会と日本サッカー協会こころのプロジェクト推進会による連携プロジェクトで選手を「夢先生」として小学校へと派遣する「夢の教室」。選ばれた二木は地元・鹿児島の学校の教壇に立ち、熱弁をした。

「大事なのは落ち込んだ時に、どうするか。落ち込んだ時に夢を持っていれば、また頑張ることが出来る。夢を持つことは大事だよ」

 プロの世界で味わった挫折。華やかな部分ではなく、あえて壁にぶつかった日々を振り返り、子供たちに伝えた。

 鹿児島情報高校からドラフト6位での入団。甲子園出場の経験はなく、高3夏の県大会ではベスト4止まり。それでも長身の右腕はマリーンズスカウトの目に留まり、プロ野球の世界に足を踏み入れた。しかし、目にしたのは自分の想像をはるかに超える世界だった。2軍キャンプスタートだったが、そこですら差を感じた。「マジかと思った」。先輩たちのボールは化け物に見えた。

人気記事ランキング