野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

米メディアのWBC格付け、日本の順位は…MLB投手不在も「優秀な選手抱えてる」

3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の各国代表最終メンバーが8日(日本時間9日)に発表された。野球日本代表「侍ジャパン」は2大会ぶり3度目の優勝を目指すが、米国、ドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコらはメジャーのスター選手が多数出場。世界一への道は長く、険しい。

パワーランキングを掲載、米国でも高まる注目度「今年は違う。エキサイティングなメンバー」

 3月に開幕する第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の各国代表最終メンバーが8日(日本時間9日)に発表された。野球日本代表「侍ジャパン」は2大会ぶり3度目の優勝を目指すが、米国、ドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコらはメジャーのスター選手が多数出場。世界一への道は長く、険しい。

 侍ジャパンは、現地でどのような評価を受けているのか。ESPNは、今大会の「パワーランキング」を掲載。各国の強さを純粋に評価、格付けしており、日本は4番手と診断されている。

 記事では、冒頭で「アジアにおけるWBCの人気は非常に高い。ラテン系選手もこの大会を愛している。米国では必見のイベントではなかったが、今年は違うかもしれない。米国はエキサイティングなメンバーを発表。ドミニカ共和国はスター選手で溢れ、プエルトリコも強い。また、メキシコは過去最強のチームを送り出そうとしている」と言及。過去の大会に比べて各国の“本気度”が高いことに触れ、パワーランキングを紹介している。

 1位と評価されたのは、前回大会覇者のドミニカ共和国だ。予想スタメンは以下の通りとなった。

1(中)スターリン・マルテ(パイレーツ)
2(遊)マニー・マチャド(オリオールズ)
3(二)ロビンソン・カノ(マリナーズ)
4(三)エイドリアン・ベルトレ(レンジャーズ)
5(DH)ネルソン・クルーズ(マリナーズ)
6(右)ホセ・バティスタ(ブルージェイズ)
7(一)ハンリー・ラミレス(レッドソックス)
8(捕)ウェリントン・カスティーヨ(オリオールズ)
9(左)グレゴリー・ポランコ(パイレーツ)

 寸評では「打線は右打者に偏っているが、トニー・ペーニャ監督は気にしないだろう。ベンチにはカルロス・サンタナ(インディアンス)、ジョナサン・ビラー(ブルワーズ)、ホセ・レイエス(メッツ)などが控えている。ローテーションも強力であり、ジョニー・クエト(ジャイアンツ)、カルロス・マルティネス(カージナルス)に続くのはエディンソン・ボルケス(マーリンズ)やウィリー・ペラルタ(ブルワーズ)である」と評価。2連覇の可能性は十分にある。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中