野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 清宮から5三振を奪った「未完成のエース」 日大三の背番号8が秘める可能性

清宮から5三振を奪った「未完成のエース」 日大三の背番号8が秘める可能性

球場のどよめきは肌で感じ取っていた。日大三の背番号8のエース左腕、桜井周斗投手は昨秋の東京大会決勝で、怪物スラッガー、早実・清宮幸太郎から5打席連続三振を奪った。試合は逆転サヨナラで準優勝に終わったが、野球の神様も甲子園でこのチームを見たかったのだろうか。センバツ選考で、激戦となった関東・東京の最後の枠に滑り込み、東京から2校が選出。早実とともに6年ぶりの出場切符を手に入れた。

full-count11

早実の怪物から5奪三振、高校球界に名前をとどろかせた日大三・桜井周斗

 球場のどよめきは肌で感じ取っていた。日大三の背番号8のエース左腕、桜井周斗投手は昨秋の東京大会決勝で、怪物スラッガー、早実・清宮幸太郎から5打席連続三振を奪った。試合は逆転サヨナラで準優勝に終わったが、野球の神様も甲子園でこのチームを見たかったのだろうか。センバツ選考で、激戦となった関東・東京の最後の枠に滑り込み、東京から2校が選出。早実とともに6年ぶりの出場切符を手に入れた。

 桜井は埼玉県所沢市出身。ヤクルトから地元・西武に移籍してきた同じ左腕の石井一久に憧れた。「ストレートとスライダーで三振をたくさん取れるので魅力的だと感じています」。自分が同じような投手を目指すきっかけになった。石井が武器とした球種に磨きをかけて投球スタイルの基本を作り、清宮のバットもワンバウンドするようなスライダーで空を切らせた。

 打撃でも広角に打ち分けられる柔らかさを持っていた。打つことの方が得意だったため、高校進学を境に野手で勝負していくことを決めた。強打の日大三の一角を担って、全国制覇することを夢見た。しかし、転機が訪れた。

 昨夏。上級生の投手陣が故障し、中学時代の投手の経験を買われて、マウンドへ。緊急登板でも好投。突然の登板にも慌てることはなかった。高山俊(現阪神)ら多くの教え子がいる小倉全由監督は「将来が楽しみな素材」と投手でも打者でも一流に育てることを決めた。

人気記事ランキング