野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 左の好打者は打率3割超も左腕にヒット0…今季“奮起期待”30選手に韓国人3人

左の好打者は打率3割超も左腕にヒット0…今季“奮起期待”30選手に韓国人3人

米メディアが2017年シーズンにおいて復調が期待される選手を、全30球団各1人ずつ選出。日本人選手は登場しなかったが、アジアから韓国人選手の名前が複数挙げられた。ESPNが特集している。

20161006_kim

打率3割超えも左腕相手に無安打に終わったオリオールズ金賢洙

 米メディアが2017年シーズンにおいて復調が期待される選手を、全30球団各1人ずつ選出。日本人選手は登場しなかったが、アジアから韓国人選手の名前が複数挙げられた。ESPNが特集している。

 計30選手が挙げられた特集の中で名を連ねたのは、オリオールズの金賢洙(キム・ヒョンス)外野手、ツインズの朴炳鎬(パク・ビョンホ)内野手、レンジャーズの秋信守(チュ・シンス)外野手の韓国人3選手だ。

 昨季渡米1年目となった金についてはオリオールズが開幕からマイナーでプレーさせることを決断したが、本人は契約を盾にこれを拒否。米国内でも波紋を呼んだ。しかし、韓国人スラッガーはその後、徐々に結果を残し、終わってみれば、95試合に出場。305打数92安打で打率.305、6本塁打、22打点の成績を収めた。

 しかし今回の記事では左の好打者のある“弱点”を指摘。「面白い事実として、次に金が左投手から安打を放つと、それは(左投手からの)キャリア初安打となる」とレポート。昨季、金は左腕相手に18打数無安打、打率.000に終わっており、「オリオールズの正左翼手の筆頭候補なだけに、左投手の攻略が求められる」と課題克服を求めている。

人気記事ランキング