野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス松本、「楽しみにしてた」シート打撃で手応え「思うような投球できた」

12日、ソフトバンクの3年目右腕・松本裕樹投手がシート打撃に登板。打者7人との対戦で、2三振を奪い、許したヒットは1本。「感覚は良かった」と手応えを口にした。

20170212_matsumoto

打者7人にヒット1本も…絶好調の長谷川に安打許し「真っ直ぐの球威が足りない」

 12日、ソフトバンクの3年目右腕・松本裕樹投手がシート打撃に登板。打者7人との対戦で、2三振を奪い、許したヒットは1本。「感覚は良かった」と手応えを口にした。

 松本は「腕を振ってしっかりコースに投げ分けること」をテーマに、シート打撃に登板。その言葉どおり、力強いフォームで打者7人と対峙してヒット1本に抑え込んだ。ヒットを許した相手は、前の打席で飯田優也から2日連続の本塁打を放った長谷川勇也。巧みなバットコントロールでレフト前に運ばれたものの、長谷川の好調さを考えれば十分すぎる結果だろう。

「まっすぐで空振りも取れたし、思うような投球ができた。ストライクを先行させてコースに投げ分けることができた。まだ、真っ直ぐの球威が足りないけど、低めに投げて空振りが取れたことは収穫」

 1軍レベルの打者との初対決を「楽しみにしていた」という松本にとって、この日の投球は大きな自信につながったはずだ。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング