野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

専属シェフを呼ぶ計画も…ロッテ新外国人パラデス「長く日本でプレーを」

今季も各球団に新たな外国人選手が加入した。9年のメジャー経験で実績を残したヤクルトのロス・オーレンドルフのような選手もいれば、巨人入りしたケーシー・マギーのようにNPB再挑戦となる選手もいる。その中でも注目したいのが、ロッテの新外国人ジミー・パラデス内野手だ。

練習熱心な新助っ人は3Aで通算打率3割の新DH候補

 今季も各球団に新たな外国人選手が加入した。9年のメジャー経験で実績を残したヤクルトのロス・オーレンドルフのような選手もいれば、巨人入りしたケーシー・マギーのようにNPB再挑戦となる選手もいる。その中でも注目したいのが、ロッテの新外国人ジミー・パラデス内野手だ。

 昨季まで3年間主砲として打線を牽引したアルフレド・デスパイネが退団し、ソフトバンクへ移籍。その抜けた穴を埋めるべく契約したのがパラデスだった。ドミニカ共和国出身の28歳。2011年にアストロズでメジャーデビュー後、メジャーとマイナーを行き来しながら、6シーズンで通算332試合に出場し、打率.251、20本塁打、100打点を記録した。メジャーでは目立った打撃成績を残せなかったが、通算4季を過ごした3Aでは通算打率.301をマークしている。

 デスパイネほどの本塁打は期待できないが、マイナー通算10シーズンで190盗塁を決めた足は魅力だ。そもそも本拠地ZOZOマリンスタジアムは投手有利の球場。一発は出なくても、二塁打、三塁打、あるいは盗塁という形で進塁し、打線の起爆剤となる可能性は高い。パラデスの後ろに昨季首位打者の角中勝也や新外国人マット・ダフィーが続けば、新たな得点パターンが生まれてくるだろう。二塁、三塁、外野の守備にも定評はあるが、伊東勤監督によれば、パラデスは主にDHを任される方向。それでも熱心に二塁や三塁でノックを受ける真面目な姿勢は、首脳陣に好印象を与えているようだ。

人気記事ランキング