野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • WBC米国代表、真のトップ選手は不在? 米紙「辞退した選手を非難できない」

WBC米国代表、真のトップ選手は不在? 米紙「辞退した選手を非難できない」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕まで1か月を切った。そんな中、地元紙「ロサンゼルス・デイリー・ニューズ」電子版が「WBCに参加しないアメリカのトップ選手を非難できますか?」とのタイトルで特集記事を掲載した。

20161118_trout

豪華野手陣も昨季MVPトラウトらは出場せず、「これはアメリカの課題」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の開幕まで1か月を切った。日本時間9日には各国の最終メンバー28人が発表され、前回大会王者のドミニカ共和国ら中南米諸国にはメジャーリーグのスター選手が集結。世界一をかけたハイレベルな戦いに期待がかかる。

 そんな中、地元紙「ロサンゼルス・デイリー・ニューズ」電子版が「WBCに参加しないアメリカのトップ選手を非難できますか?」とのタイトルで特集記事を掲載した。

 今大会は豪華野手陣が揃ったと見られている米国代表だが、真のトップクラスの選手はまだまだ不足していると指摘。昨季のア・リーグMVPに輝いたマイク・トラウト外野手(エンゼルス)ら、WBCに出場しない選手を責めることは出来ないとしている。

 記事では、米国人投手で昨季のWHIP(1イニングあたりの四球+安打)上位14人に入った選手のうち、米国代表として出場するのはダニー・ダフィー(ロイヤルズ、WHIP1.14)のみで、米国人野手のOPS(出塁率+長打率)上位8人ではダニエル・マーフィー(ナショナルズ、OPS.985)のみだと指摘。昨季、MLBトップのWHIP0.97をマークしたマックス・シャーザー投手(ナショナルズ)は当初は出場予定だったが、右手薬指の疲労骨折で辞退した。

人気記事ランキング