野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • マーリンズが最強外野トリオをシャッフルか…“不老”イチローは酷使せず

マーリンズが最強外野トリオをシャッフルか…“不老”イチローは酷使せず

2月も中旬を迎え、メジャー球団も続々とキャンプインし始めた。今季メジャー17年目を迎えるイチロー外野手のマーリンズは、17日(日本時間18日)から野手が始動。それに先駆け、球団公式サイトでは外野陣の特集記事を掲載。メジャー最年長野手は「不老の存在」と評されている。

20170214_ichiro

外野最強トリオの守備位置シャッフルを検討、球団公式サイトが伝える

 2月も中旬を迎え、メジャー球団も続々とキャンプインし始めた。今季メジャー17年目を迎えるイチロー外野手のマーリンズは、17日(日本時間18日)から野手が始動。それに先駆け、球団公式サイトでは外野陣の特集記事を掲載。メジャー最年長野手は「不老の存在」と評されている。

 マーリンズで2年目を迎えるドン・マッティングリー監督は、MLB最強の呼び声も高い外野手トリオ、ジャンカルロ・スタントン、クリスチャン・イエリッチ、マルセロ・オズナの守備位置をシャッフルする方針だという。2014年にゴールドグラブ賞を獲得した左翼イエリッチが中堅に、中堅だったオズナが左翼に移ることが濃厚で、主砲スタントンも定位置の右翼から動く可能性もあるそうだ。さらに、記事によれば「チームはスタントンとオズナを入れ替えることも検討している」そうで、左翼スタントン、右翼オズナとなるケースも考えられる。

 メジャー屈指のスラッガー、スタントンは、昨季は鼠径部負傷で3週間戦列を離れ、打率.240、27本塁打、74打点と低調な成績に終わった。イエリッチは打率.298、21本塁打、98打点と活躍。2人は3月のワールド・ベースボール・クラシックにアメリカ合衆国代表として出場する。オズナは昨季序盤に活躍し、オールスターに初選出されたが、後半戦に失速。打率.266、23本塁打、76打点という成績に終わった。

人気記事ランキング