野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンの日ハム大野が左すね死球で交代、苦悶の表情…栗山監督も唖然

侍ジャパンの日本ハム・大野奨太捕手が15日の韓国プロ野球・サムスンとの練習試合(名護)で周囲をヒヤリとさせる死球を受けた。

日本ハム

第1打席中前打も途中交代…重症ではないとみられるが症状心配

 侍ジャパンの日本ハム・大野奨太捕手が15日の韓国プロ野球・サムスンとの練習試合(名護)で周囲をヒヤリとさせる死球を受けた。

「8番・捕手」でスタメン出場。5回先頭の第2打席。左腕のパク・ミンギュの内角へのボールが左すね付近に直撃した。ジャンプしながら受けたため、痛みを最低限に抑えたが、苦悶の表情を浮かべて転倒。栗山監督が口を開け、唖然とした表情で心配する中、何とか立ち上がって左足を引きずりながら一塁へ向かった。

 重症には至らないとみられるが、直後に代走・清水が送られて途中交代となった。2回2死で中前安打を放つなど打撃好調をキープするだけに、その症状が心配されるところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング