野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム大田が「攻走」でアピール 2度目の得点機で久々タイムリー&二盗

日本ハム・大田泰示外野手から久々のタイムリーが飛び出した。

韓国・KIA戦で「3番・左翼」、8日以来の打点をマーク

 日本ハム・大田泰示外野手から久々のタイムリーが飛び出した。

 16日の韓国プロ野球・KIAとの練習試合(名護)で「3番・左翼」でスタメン出場。近藤の勝ち越し打が飛び出した直後の2回2死二塁。右腕のキム・ジョンフンの甘く入った直球を引っ張った。ライナーで左前で弾む適時打となった。

 初回無死一、三塁では遊失に終わったが、2度目の得点機を物にした。

 実戦では8日の韓国プロ野球・KT戦(米アリゾナ州メサ)以来の打点をマーク。続く2死一塁の中田の打席では二盗を決めた。クリーンアップ候補として攻走でアピールした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング