野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ2年目平沢が課題の打撃で猛アピール 正遊撃手争いで存在感示す

ロッテの1軍キャンプ最年少野手で、遊撃レギュラー争奪戦を繰り広げる2年目・平沢大河内野手が、いよいよ脱皮の時期を迎え始めた。

20170213_hirasawa1

17日紅白戦はフル出場で3安打の固め打ち

 ロッテの1軍キャンプ最年少野手で、遊撃レギュラー争奪戦を繰り広げる2年目・平沢大河内野手が、いよいよ脱皮の時期を迎え始めた。

 11日に行われた台湾プロ野球のラミゴ戦では本塁打と三塁打で気を吐き、17日の1軍vs2軍の紅白戦では、1軍キャンプメンバーながら白組(2軍)の「1番・遊撃」でフル出場、3安打の固め打ちをした。3回には左腕・松永のストレートを引っ張って右前打。5回はルーキー有吉のストレートをセンターに弾き返し、9回は阿部のフォークを右手1本で拾って中前に運んだ。

 今季は、遊撃手として昨季自身2度目のベストナインに輝いた鈴木大地を二塁にコンバート。平沢、中村、三木の3選手で遊撃のポジション争いをさせている。紅組(1軍)で「1番・遊撃」で先発した中村は「自分は自分のやることをしっかりやる。誰がどうこうということはない」と、7回に右中間三塁打でアピール。激化する遊撃争いに刺激されたのか、二塁転向の鈴木も2打席連続の二塁打で存在感を示した。

 チーム内の競争を激化させることで、戦力の底上げを図る狙いが、もちろんある。だが、その意図通り、選手が目の色を変えてくれるのが一番嬉しい。伊東監督は「最後までこういう争いをしてくれれば。(平沢は)左(投手)から打った。(球を)呼び込めるようになってきた」と話し、打撃が課題だった2年目野手の成長を認めた。

 オフから続けるウエートトレーニングで、体重を75キロから3キロ増やした平沢は「しっかり振れたかなと思う。身体が大きくなったと言われる。周りの大きい人を見るとまだまだ。ウエートもしっかりやって、今までと変わらない競争意識を持ちながら、チームの底上げが出来れば」と、しっかり前を見据えた。

 1軍に定着する絶好のチャンスを掴むため、平沢の戦いは続く。

【了】

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

人気記事ランキング