野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 「耐久力上昇」目指す前田健太、1年間で約7キロ増量 地元メディアが報じる

「耐久力上昇」目指す前田健太、1年間で約7キロ増量 地元メディアが報じる

ドジャースの前田健太投手は、メジャー2年目のシーズンへ向けて16日(日本時間17日)に米アリゾナ州でキャンプインした。米メディアは、前田が昨年より15ポンド(約6.8キロ)増量したことに注目。MLB公式サイトは「マエダは筋肉を付け、200イニングを目指す」とのタイトルで特集している。

20160928_maeda

200イニング到達を目標に掲げる前田、「体重増量は重大な意味を持つ」

 ドジャースの前田健太投手は、メジャー2年目のシーズンへ向けて16日(日本時間17日)に米アリゾナ州でキャンプインした。米メディアは、前田が昨年より15ポンド(約6.8キロ)増量したことに注目。MLB公式サイトは「マエダは筋肉を付け、200イニングを目指す」とのタイトルで特集している。

 前田は1年前に175ポンド(約79.4キロ)だった体重を190ポンド(約86.2キロ)まで増やしたという。記事の中で、本人は通訳を介して「今年最大の目標は、より多くのイニングを投げることです」とコメント。今季は、先発投手にとって大台となる200イニング到達を目標に掲げているが、「試合で長いイニングを投げるのは、難しいことだと分かったんです。多くのイニングを投げるには、信頼される必要があります。ローテーションを守り、みんなと同様に扱われたいです」とも話している。

 増量はそのための準備のようだ。「マエダは、増量することで耐久力が上昇するという提案を受け入れた」。MLB公式サイトはこのように言及しており、「体重増量は重大な意味を持つとマエダは語っている」とも紹介。この1年間で10ポンド(約4.5キロ)の筋肉をつけたことにも触れている。

人気記事ランキング