野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテドラ1佐々木、初実戦で2回無安打 同級生の女房役・田村「さすが」

ロッテドラ1佐々木、初実戦で2回無安打 同級生の女房役・田村「さすが」

ロッテのドラフト1位投手に早くも英才教育が始まった。佐々木千隼投手(22)は19日の紅白戦で初の実戦登板。3回から2イニングを投げ、無安打無失点で切り抜けたが、ベンチに帰ると伊東監督から「(決め球の)シンカー以外で左打者を抑えるピッチングを覚えたら、もっと(投球の)幅が広がる」とハイレベルな要求をされた。

20170219_sasaki

紅白戦で最速148キロの上々“デビュー”も…伊東監督は早くも英才教育?

 ロッテのドラフト1位投手に早くも英才教育が始まった。佐々木千隼投手(22)は19日の紅白戦で初の実戦登板。3回から2イニングを投げ、無安打無失点で切り抜けたが、ベンチに帰ると伊東監督から「(決め球の)シンカー以外で左打者を抑えるピッチングを覚えたら、もっと(投球の)幅が広がる」とハイレベルな要求をされた。

 登板直後から球がバラつき、3回1死から紅組の1番中村には死球。続く2番吉田にはボールが3球続いた。並のルーキーなら自滅パターンだが、ストライクを2球続けると、ストレートで見逃し三振。3番の左打者・根元はフルカウントからシンカーで空振り三振を奪った。

 根元に投じた5球目は、この日MAXの148キロを記録。修正能力の高さはやはり非凡で「田村がマウンドに来て『突っ込んでる』と言われた」(佐々木)と投球フォームを修正。「2-1のカウント(1ボール2ストライク)にしたかったが、狙った所でファールが取れないのはアマチュアと違うところ」とプロのレベルを実感したが、2イニング目は4番の井上から3者凡退に仕留めた。

人気記事ランキング