野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ベネズエラ代表選手がWBC開催時期に疑問「全力で戦う準備は誰もできない」

ベネズエラ代表選手がWBC開催時期に疑問「全力で戦う準備は誰もできない」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開幕まで、残り2週間と迫ってきた。韓国代表チームは沖縄で合宿を開始。日本代表の侍ジャパンも23日から宮崎で合宿を始める。参戦チームが着々と準備を整える中、優勝候補の一角でもあるベネズエラ代表のビクター・マルティネス選手(タイガース)が、WBC開催時期に大きな疑問を投げかけている。デトロイトの地元紙「デトロイト・ニュース」電子版が伝えている。

38歳ベテラン野手マルティネスが“選手の声”を届ける

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開幕まで、残り2週間と迫ってきた。韓国代表チームは沖縄で合宿を開始。日本代表の侍ジャパンも23日から宮崎で合宿を始める。参戦チームが着々と準備を整える中、優勝候補の一角でもあるベネズエラ代表のビクター・マルティネス選手(タイガース)が、WBC開催時期に大きな疑問を投げかけている。デトロイトの地元紙「デトロイト・ニュース」電子版が伝えている。

 WBC開催時期については、以前から議論されているが、2006年の第1回大会以来の出場となる38歳ベテランは3月開催に「本音を言おう。あのトーナメントで全力で戦う準備は誰もできない」とぶちまけたそうだ。代表に選ばれた選手は、個々に早くから出場準備に取りかかっているものの、通常の3月といえばオープン戦の時期にあたる。

 マルティネスが苦言を呈するのは、ベネズエラ代表というバックグラウンドも多分に影響しているようだ。ベネズエラをはじめドミニカ共和国、プエルトリコといった中南米諸国では「野球に対する情熱にあふれている。特にベネズエラは野球がすべてなんだ」という。そのため、代表トップチームの世界一を決めるWBCは特別な意味を持ち、代表選手はもちろん全ての人が国の誇りを持って臨むそうだ。代表チームに寄せられる期待も高く、結果に対する世論の反応は想像を超える大きさだ。

人気記事ランキング