野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム斎藤佑、炎上2回5失点 4連打&特大弾被弾 完全復活へ厳しい現実

日本ハムの斎藤佑樹投手が21日の楽天との練習試合(名護)で4回から2番手として救援。早大後輩の遊撃・石井一成に足を引っ張られ、2回5失点と炎上。開幕ローテーション入りへアピールできなかった。

日本ハム

味方の失策から崩れ、2回7安打5失点…何度も首かしげる

 日本ハムの斎藤佑樹投手が21日の楽天との練習試合(名護)で4回から2番手として救援。早大後輩の遊撃・石井一成に足を引っ張られ、2回5失点と炎上。開幕ローテーション入りへアピールできなかった。

 4点リードの4回。先頭・ウィーラーへの直球がすっぽ抜けて死球を与えたが、続く今江を遊撃正面へのゴロに打ち取ったかにみられた。しかし、ここで早大の後輩が後逸。無死一、二塁にピンチは広がり、島内の中前適時安打、聖沢の右前安打、三好、足立の連続左前適時打で4連打3失点した。西田は本塁封殺の三ゴロ、岡島は投ゴロ併殺打に打ち取ったものの、マウンド上では何度も首をかしげた。

 5回も続投。先頭・銀次に右中間二塁打を献上。代打・アマダーに左翼席へ特大の逆転2ランを浴びた。中川は三ゴロ、新人の田中はフォークで空振り三振としたが、福田は強烈な打球がグラブに当たった後に右太ももに直撃。続く三好は二飛に打ち取ったものの、苦しい投球となった。2回7安打5失点と炎上した。

 今キャンプは3度目の実戦マウンド。これまでは、いずれも2回を投げて1失点ずつ喫していた。実戦3試合、計6回7失点となる悔しすぎる登板。開幕1軍争いから後退する内容となってしまった。

 ○日本ハム・斎藤佑の投球内容

 ▽4回

ウィーラー 死球
今江 遊失
島内 中前適時打
聖沢 右前安打
三好 左前適時打
足立 左前適時打
西田 三ゴロ
岡島 投ゴロ併殺打

 ▽5回

銀次 右中間二塁打
アマダー 左本
中川 三ゴロ
田中 空三振
福田 投手強襲安打
三好 二飛

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング