野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口が考える、海外と日本の内野手の違い「技術以上にメンタルの差」

いよいよ3月6日から第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。野球日本代表「侍ジャパン」は、小久保裕紀監督の下、2大会ぶりの優勝を目指し、まずは初戦3月7日のキューバ戦に臨む。

20170220_iguchi

かつてWS制覇にも貢献、井口資仁が考える日本人選手に足りないこと

 いよいよ3月6日から第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕する。野球日本代表「侍ジャパン」は、小久保裕紀監督の下、2大会ぶりの優勝を目指し、まずは初戦3月7日のキューバ戦に臨む。

 国際大会で目を引くのは、中南米を筆頭に海外の選手が見せる華麗な守備だ。想像を超えたスーパープレーに度肝を抜かれることもあるが、こういったプレーをすることは日本人選手には不可能なのか。海外の選手と日本人選手の間には、大きな技術の差があるのか。2005年、正二塁手としてホワイトソックスのワールドシリーズ制覇に貢献したロッテ井口資仁選手は「技術って、そんなに変わらない気がするんですよ」と話す。

「技術以上にメンタルの差じゃないかな。今の若手選手は、特にメンタルが弱い子が多いような気がします。チャンスを自分でピンチに変えてしまう。失敗して怒られることを先に考えて、思い切ったプレーができなかったり、守備でも確実なプレーをし過ぎようとしてセーフになったり。勝負すべきところで勝負できていない。そこを一歩踏み出せない選手が多い気がしますね。

 守備だったら、逆シングルで捕らないとアウトにならない場面で、わざわざ正面に入って捕る。(打球を)よく止めたって言われるけど、止めるだけだったら誰でもできるし、ヒットと同じ。そこをいかに逆シングルで捕って、エラーっぽく見えたとしても勝負してアウトにするかが大事。

 日本人は、9回2アウト、一打サヨナラの場面でしか勝負を掛けられない。海外の選手と日本人選手の差って、当然、点差とか気にすべき要素はあるけれど、常に初回から勝負ができるかできないかの違いじゃないかなって思います」

人気記事ランキング