野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム斎藤佑に最適なポジションは? 先発&救援ともに争い熾烈

2017年シーズンでの完全復活が待たれる日本ハム・斎藤佑樹投手。しかし、今季3度目の実戦マウンドとなった21日の楽天戦(名護)では2回7安打5失点と炎上。早大後輩の石井一成の失策からリズムを崩したとはいえ、栗山英樹監督ら首脳陣へ開幕1軍へアピール出来なかった。

楽天戦で2回5失点と炎上、首脳陣へアピールならず

 2017年シーズンでの完全復活が待たれる日本ハム・斎藤佑樹投手。しかし、今季3度目の実戦マウンドとなった21日の楽天戦(名護)では2回7安打5失点と炎上。早大後輩の石井一成の失策からリズムを崩したとはいえ、栗山英樹監督ら首脳陣へ開幕1軍へアピール出来なかった。

 今キャンプは全て中継ぎで登板。米アリゾナキャンプ中の9日(日本時間10日)の紅白戦では白組の2番手として2回から登板し、2イニングを1安打1失点(自責0)。16日の韓国KIAとの練習試合(名護)でも4回から救援し、2イニングを1安打1失点(自責0)だった。キャンプは全てリリーフの登板となっているが、12年に開幕投手を務めた斎藤の最適なポジションは、どこなのか――。まずはプロ入り後の先発、救援別の成績をもとに探ってみた。

【11年】
〇先発 19試合、計107回、6勝6敗、防御率2.69、自責32
〇救援 なし

【12年】
〇先発 18試合、計103回、5勝8敗、防御率4.02、自責46
〇救援 1試合、1回、0勝0敗、防御率0.00、自責0

【13年】
〇先発 1試合、4回、0勝1敗、防御率13.50、自責6
〇救援 なし

【14年】
〇先発 6試合、計26回、2勝1敗、防御率4.85、自責14
〇救援 登板なし

【15年】
〇先発 7試合、計36回、1勝3敗、防御率5.00、自責20
〇救援 5試合、計6回1/3、0勝0敗、防御率9.95、自責7

【16年】
〇先発 3試合、計13回1/3、0勝1敗、防御率4.72、自責7
〇救援 8試合、計10回1/3、0勝0敗、防御率4.35、自責5

人気記事ランキング