野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島・野間、右腹斜筋筋挫傷で安静2~3週間の診断 日南移動&3軍で治療へ

広島は23日、野間峻祥外野手が病院で検査を受け、右腹斜筋筋挫傷と診断されたと発表した。2~3週間の安静を要するとしている。

20170223_noma

23日に検査を実施

 広島は23日、野間峻祥外野手が病院で検査を受け、右腹斜筋筋挫傷と診断されたと発表した。2~3週間の安静を要するとしている。

 沖縄での1軍キャンプに参加していた野間は22日の打撃練習中に右脇腹の違和感を訴え、練習を早退。宿舎でアイシング治療などを行っていた。球団側は同日、日南へ移動し、3軍で治療を開始するとしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング