野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大塚晶文氏のコーチ派遣 パドレスGMも大歓迎「彼は今年2つの帽子をかぶる」

大塚晶文氏のコーチ派遣 パドレスGMも大歓迎「彼は今年2つの帽子をかぶる」

今季中日から派遣され、古巣パドレスの3Aのコーチに加わった大塚晶文氏。その奮闘ぶりが現地で特集されている。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」電子版が「元パドレス救援投手アキノリ・オオツカが3Aのブルペンコーチに」との見出しでレポートしている。

古巣で歓迎受ける大塚氏、かつての名クローザーも敬意「アキは常に勉強熱心」

 今季中日から派遣され、古巣パドレスの3Aのコーチに加わった大塚晶文氏。その奮闘ぶりが現地で特集されている。地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」電子版が「元パドレス救援投手アキノリ・オオツカが3Aのブルペンコーチに」との見出しでレポートしている。

 昨年末に中日からパドレス傘下3Aの投手コーチとして派遣されることが発表された大塚氏はメジャー時代の2004年、05年の2シーズン、同球団に所属。特に1年目は際立った成績を挙げ、73試合に登板。7勝2敗、34ホールド、2セーブ、防御率1.75をマークした。45歳となった大塚氏は今年からその古巣でコーチを務めている。

 指導者となってパドレスに戻ってきた元救援右腕に地元メディアも注目。特集記事を組み、その取り組みについてレポートしている。

 記事の中でパドレスのA・J・プレラーGMは「彼は多くの検討材料を持ってきてくれる。我々は違う球団や違う組織と良い関係を持ち、南米の野球や極東の野球から学ぼうとしている。アキは明確に日本とアメリカで成功した人物だ」とその存在を高く評価している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中