野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、初回に菊池と筒香のヒットで好機作るも…中田は遊ゴロに倒れる

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(13時~・KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦。初回に2番・菊池、4番・筒香のヒットでチャンスを作ったが、5番・中田が遊ゴロに倒れて無得点に終わった。

20170225_nakata

ソフトバンクとの練習試合、5番・中田がチャンス生かせず

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(13時~・KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦。初回に2番・菊池、4番・筒香のヒットでチャンスを作ったが、5番・中田が遊ゴロに倒れて無得点に終わった。

 侍ジャパンは初回、先発の武田が1四球を与えながらも無失点。すると、その裏に1死から菊池がソフトバンク先発・東浜の直球を捉えてセンター前に運び、2017年の侍ジャパン“初ヒット”。3番・坂本は右飛に倒れたが、筒香はフルカウントから外角低めへのツーシームにバットを合わせ、レフト前に運んだ。

 2死一、二塁として、打席には中田。フルカウントからスライダーを打ったが、結果は遊ゴロ。先制点を奪うことはできなかった。

 直後の2回の守備では、先頭・上林の頭上を襲うライナーをジャンプして掴む攻守を見せた中田。バットでも快音を響かせたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング