野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“初戦”で沈黙の侍打線 キーマンの1番山田と5番中田に共通する問題点とは?

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦し、0-2で敗れた。菊池涼介内野手が3安打、筒香嘉智外野手が1安打を放ったが、1番の山田哲人内野手が4打数無安打、5番の中田翔内野手が併殺を含む3打数無安打と主軸が沈黙した。3月7日の初戦・キューバ戦(東京ドーム)までに侍打線は調子を上げることができるのか。

20170225_nakata2

ソフトバンク相手に4安打完封負け、稲葉コーチが指摘する2人の“課題“とは?

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦し、0-2で敗れた。打線が4安打に抑え込まれ、完封負け。菊池涼介内野手が3安打、筒香嘉智外野手が1安打を放ったが、1番の山田哲人内野手が4打数無安打、5番の中田翔内野手が併殺を含む3打数無安打と主軸が沈黙した。3月7日の初戦・キューバ戦(東京ドーム)までに侍打線は調子を上げることができるのか。

侍ジャパン、WBCへ向けて“黒星発進” 練習試合5番勝負の初戦は福岡ソフトバンクに完封負け(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日、侍ジャパンが最大のチャンスを作ったのは初回だった。先頭の山田は見逃し三振に倒れるも、菊池、筒香のヒットで2死一、二塁。先制のチャンスを作った。しかし、中田は相手先発・東浜の前に遊ゴロ。得点を奪うことはできなかった。中田は4回も筒香が四球の後に無死一塁で打席に入り、遊ゴロ併殺打。山田も4タコに終わった。

 山田は“切り込み隊長”、そして中田は主砲・筒香の後を打つ5番として、侍の勝利のために活躍が不可欠だ。特に、中田について小久保裕紀監督は「筒香の後を打つ打者が大事。そこに中田が入ってこないと。やってもらわないといけない感じです」と話していたが、この試合では不発。日本ハムのキャンプから、なかなか調子が上向いてこない。

 試合後には、筒香、松田宣浩らとともに特打を行った大砲。バットを振り込んだ理由を聞かれ「別に理由はないですけど。なんとなく」と話し、状態についても「悪くない」としたが、早く結果がほしいところだ。

人気記事ランキング