野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBC球への対応は進んでいるのか? 1失点の千賀は「ビビってる部分が…」

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦し、0-2で敗れた。打線が4安打無得点と沈黙する中、投手陣は上々の出来だったが、滑るとされるWBC球に依然として苦労している選手も。1失点を喫した千賀滉大投手も、その一人だ。

20170225_senga

決め球を打たれタイムリーに、「中途半端なフォークが多かった」

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて宮崎で強化合宿を行っている野球日本代表「侍ジャパン」は25日、「2017 ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)でソフトバンクと対戦し、0-2で敗れた。打線が4安打無得点と沈黙する中、投手陣は上々の出来だったが、滑るとされるWBC球に依然として苦労している選手も。1失点を喫した千賀滉大投手も、その一人だ。

侍ジャパン、WBCへ向けて“黒星発進” 練習試合5番勝負の初戦は福岡ソフトバンクに完封負け(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 千賀は4回から2番手で登板すると、わずか10球でソフトバンクのチームメートを3者凡退に仕留める快投。しかし、2イニング目となった5回につかまった。1死から真砂に149キロの直球をライト前に運ばれ、二盗を許す。そして、続く塚田には内角低めへの132キロのフォークを拾われ、センター前に落とされた。これがソフトバンクの先制点となった。

 千賀と言えば「お化けフォーク」と呼ばれる、強烈な落差の決め球が最大の武器。ただ、このボールは塚田がうまく打ったとは言え、やや甘かった。その原因を試合後に本人が明かした。

人気記事ランキング