野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3安打と気を吐いた菊池、平常心での打席を強調「手応えはあります」

侍ジャパンは25日、ソフトバンクとの「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)に臨み、0-2で敗れた。その中でも気を吐いたのが「2番・二塁」で先発した菊池涼介内野手(広島)だった。

練習試合初戦で3安打、本戦でも起爆剤として期待

 侍ジャパンは25日、ソフトバンクとの「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」(KIRISHIMAサンマリン宮崎)に臨み、0-2で敗れた。その中でも気を吐いたのが「2番・二塁」で先発した菊池涼介内野手(広島)だった。

侍ジャパン、WBCへ向けて“黒星発進” 練習試合5番勝負の初戦は福岡ソフトバンクに完封負け(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 初回は、ソフトバンク先発の東浜巨を相手にツーボールからの3球目を中前へ弾き返した。3回の第2打席では中前打を放つと、6回もセンター前を記録した。

 菊池は「久しぶりの実戦だったけど、これまでやってきたことが少しずつできてきた。手応えはありますね」と、練習試合初戦の手応えを話した。

 今回の直前キャンプでは、左右に打ち分けたり長打を狙ったり、いろいろなパターンを意識して練習。その上で実戦では「センターを中心に入って行けてよかった」と話す。

 注目の山田哲人内野手との正二塁手争いだが、現時点では打撃でやや有利な菊池がリードか。正二塁手獲得に向けて、ハイレベルな競争が続く。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中