野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 入団3年連続60登板、中日26歳右腕が秘める野望「自分はやらなければいけない」

入団3年連続60登板、中日26歳右腕が秘める野望「自分はやらなければいけない」

環太平洋大学を卒業後の2013年。香川オリーブガイナーズに入団した又吉は、少人数で運営されるチームの舞台裏を目の当たりにし、試合をする環境が整うように「チームがどういう風に回っているのか」を知った。

20170226_matayoshi

成り上がる―、又吉克樹が独立リーグで身につけた底知れぬ貪欲さ

 プロ4年目を迎える中日・又吉克樹は、独立リーグ四国アイランドリーグ(IL)plusで過ごした1年で「プロ野球選手としてお金をもらう以上、どういうことをしなければいけないのか、人として大切な部分を教えていただいた」と話す。環太平洋大学を卒業後の2013年。香川オリーブガイナーズに入団した又吉は、少人数で運営されるチームの舞台裏を目の当たりにし、試合をする環境が整うように「チームがどういう風に回っているのか」を知った。

「スポンサーさんへの挨拶、自治体への挨拶、試合が終わってのファンサービス。どんな形でもチームを支えて下さる方への礼儀は欠かせない。人前に出て喋れるようになったのも、間違いなく独立リーグのおかげですね。1年だけでしたけど、西田(真二)監督にはいろいろ教えていただきました」

 大学時代、プロ野球選手を目指したいと思った又吉は、社会人野球か独立リーグか、進路を迷った。そんな時、アドバイスをくれたのが、大学で投手コーチを務めていた堀田一彦氏だった。プリンスホテル時代には日本代表にも選ばれ、その後、専修大コーチ時代には黒田博樹を指導。そんな堀田氏は「俺はお前に社会人で学んだことは教えられるけど、プロの世界のことは教えられない。もし行くんだったら、独立リーグの方がいいんじゃないか」と、教え子に伝えたという。

「堀田コーチの、その一言があったのが大きいですね。実際、香川に行ったら、西田監督というプロで成績を残された方が、プロの世界について毎日話してくれた。事あるごとに教えて下さるし、ベンチでもずっと喋っている(笑)。そこから何かヒントを掴もう、何かを学ぼうと貪欲になりました」

人気記事ランキング