野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

右肩打撲の侍J内川 チーム残留で「判断して下さった監督や首脳陣に感謝」

25日の練習試合で負傷交代した侍ジャパンの内川聖一外野手(ソフトバンク)が、一夜明けた26日、自身の状態について「大丈夫だと思います」と力強く話した。所属チームでもあるソフトバンクと対戦した「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」で、8回に打者走者と交錯して退場。病院で精密検査を行った結果、右肩打撲と診断されていた。

20170226_uchikawa

前日に打者走者と交錯「僕があのボールを取っていれば…」

 25日の練習試合で負傷交代した侍ジャパンの内川聖一外野手(ソフトバンク)が、一夜明けた26日、自身の状態について「大丈夫だと思います」と力強く話した。所属チームでもあるソフトバンクと対戦した「2017 侍ジャパンオープニングマッチ」で、8回に打者走者と交錯して退場。病院で精密検査を行った結果、右肩打撲と診断されていた。

侍ジャパン、WBCへ向けて“黒星発進” 練習試合5番勝負の初戦は福岡ソフトバンクに完封負け(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 一夜明けたこの日は、球場入りした後で打撲した箇所を中心にアイシングなどの治療を行った後、約35分、外野フェンス沿いでジョギングや軽めのダッシュを繰り返した。その後、球場内のブルペンでバットを振り、スイングのチェックをしたという。

 内川は「昨日の今日なんで痛みとかいろいろある」としながらも、「自分の中でも、そんなに日にちは長く掛からずにやれるんじゃないかと思っています。トレーナーの方とも相談して『できるだろう』という判断をしました」と話した。場合によってはチームを離れる可能性もあったが、「こういう状態でもメンバーに残してくれると判断して下さった監督や首脳陣に感謝したい」とし、3月7日のキューバ戦には万全の状態に仕上げる予定だ。

 前日の交錯プレーを振り返り、「元を正せば、僕があのボールを取っていれば何も起こらなかった」と反省。内川が倒れ込んだ後、球場は静まり返ったことについても、「そういう空気にして申し訳ない」と“謝罪”の言葉が口をついた。

 チームは27日に壮行試合が行われる福岡へ移動する。小久保裕紀監督は「本人と話して、そこまで大事に至っていないということだった。戦線離脱することはない」と明言。内川にとって“地元”福岡で開催される28日の壮行試合出場についても「当日の判断になるが、可能性はある」と話した。

 一塁と外野を守れ、打撃での貢献も期待される内川は、戦力としてはもちろん、過去2度のWBCに出場した経験者として、チームに大きな意味をもたらす。ベテラン野手のチーム残留という“朗報”で、侍ジャパンは宮崎での直前キャンプを締めくくった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング