野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

18歳が見せる浮き上がるような球筋 ホークス2位指名の左腕が秘める可能性

176センチと小柄な体に秘める潜在能力を感じさせる。浮き上がるような球筋で、捕手のミットにボールが収まっていく。マウンド上で腕を振るのは、ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・古谷優人投手。18歳の左腕のボールに、しばし目を奪われた。

20170226_furuya

ソフトバンクドラ2・古谷の際立つ投球、「バランスよく投げられた」

 176センチと小柄な体に秘める潜在能力を感じさせる。浮き上がるような球筋で、捕手のミットにボールが収まっていく。マウンド上で腕を振るのは、ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・古谷優人投手。18歳の左腕のボールに、しばし目を奪われた。

 宮崎キャンプ最終クール2日目の26日。古谷はキャンプで2度目のブルペンに入った。立ち投げのみで37球。「体全体を使って投げること、バランス、リリースの時の力を入れるポイントを意識して投げました。前回と違ってバランスよく投げられた」。

 小さなテークバックから、大きく体を使うフォームから投じられるボールは、ブルペンで並ぶ他の若手投手と遜色ない。いや、それ以上かもしれない。北海道・江陵高時代にマークした最速154キロのストレートはダテじゃない。

 初めてのキャンプでは第3クールにウイルス性胃腸炎を患って、離脱。これを機に「食事だったり、体調管理を意識するようになった。野菜を多く食べたり、バランスのいい食事を心がけるようにしています」と、自身のコンディションにも一層、気を配るようになった。

人気記事ランキング