野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

世界一へ、お互いを高め合う侍投手陣 “トップクラス”が共有する貴重な時間

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて、26日に宮崎での4日間の強化合宿を打ち上げた野球日本代表「侍ジャパン」。28日からは福岡、大阪で4試合の強化試合をこなし、初戦の3月7日・キューバ戦(東京ドーム)に挑む。

宮西を驚かせる牧田の投球術とは…「すごく勉強になりました」

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けて、26日に宮崎での4日間の強化合宿を打ち上げた野球日本代表「侍ジャパン」。28日からは福岡、大阪で4試合の強化試合をこなし、初戦の3月7日・キューバ戦(東京ドーム)に挑む。

 25日のソフトバンクとの練習試合(0-2)では、打線が4安打完封を許した一方で、投手陣は6人の継投で4安打2失点と上々の内容。滑るとされるWBC公式球への対応も順調に進んでいることをうかがわせた。

 小久保裕紀監督が日本の最大の強みとする「投手力」。今大会もメジャー投手の招集はならなかったが、NPBトップレベルの選手たちが集まった。そして、2大会ぶりの世界一へ向けて、お互いに刺激を与え、良い部分を貪欲に吸収しながら、個の力を高め合っている。

 ブルペンの軸として期待されている宮西は、牧田から教わることがあったという。

「これだけいいピッチャーが集まる機会はなかなかない。その中でも、牧田さんと話していて、ランナーを背負ったときの考え方というのが…投球技術が凄いので、バッター、ランナーとのタイミングについて、どういう考え方をしているのか聞きました。秒数を大事にしているというのは、僕にはまったくない考えだったので、すごく勉強になりました」

 牧田によると、ランナーを背負った時に3秒、5秒、7秒、10秒、15秒というように、投げるまでの間を変えているという。練習では、実際にストップウォッチをボール代わりに手に持ち、投球フォームを作ってリリースのタイミングでストップを押すことで、タイムを計測。自分の狙い通りの時間に近づけていく作業をして、“体内時計”を正確にしているというのだ。

人気記事ランキング