野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

若手のアピール目立ったソフトBキャンプ 開幕1軍へ評価高めた選手は?

サバイバルがいよいよ本格化する。今季、日本一奪還を目指すソフトバンクが27日、宮崎で行なっていたキャンプを打ち上げた。キャンプを総括した工藤公康監督は「若い人は若さを全面に出して、チャンスをつかんでレギュラーになってほしい。走攻守どれをとっても妥協しないように、常に前を向いてチャレンジ精神をもつことが大切」と説いた。

サバイバルが本格化、工藤監督「チャンスをつかんで」

 サバイバルがいよいよ本格化する。今季、日本一奪還を目指すソフトバンクが27日、宮崎で行なっていたキャンプを打ち上げた。キャンプを総括した工藤公康監督は「若い人は若さを全面に出して、チャンスをつかんでレギュラーになってほしい。走攻守どれをとっても妥協しないように、常に前を向いてチャレンジ精神をもつことが大切」と説いた。

 若手のアピールが目立ったキャンプだった。野手に目を向ければ、上林誠知、真砂勇介の外野手2人がしのぎを削った。連日居残りで行うロングティーが恒例の景色となり、実戦でも結果を残した。2人のほかにも、同じく外野手の定位置を狙う福田秀平も打撃面で結果を残している。

 二塁手でのレギュラー取りを狙う牧原大成は持ち味の俊足を発揮し、侍ジャパンとの試合でも適時打を放った。育成選手ながらA組キャンプに抜擢された曽根海成は連日特守を行うなど、日が暮れるまで練習に明け暮れた。捕手陣も甲斐拓也、山下斐紹、張本優大、栗原陵矢の4人が生き残りをかけて、それぞれアピールを繰り広げた。

人気記事ランキング