野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔が浮上への手応え 「やるほど悩む」発言一転「久しぶりに良かった」

ソフトバンクの松坂大輔投手が浮上への手応えを得た。「球春みやざきベースボールゲームズ」の楽天戦(アイビー)が行われた28日、ブルペンで56球の投球練習。真っすぐとカーブだけを投げ込み「久しぶりに良かったと思う」と好感触を得た。

20170228_matsuzaka2

ブルペン56球に好感触「ハマった感じ」…3月2日のロッテ戦先発へ

 ソフトバンクの松坂大輔投手が浮上への手応えを得た。「球春みやざきベースボールゲームズ」の楽天戦(アイビー)が行われた28日、ブルペンで56球の投球練習。真っすぐとカーブだけを投げ込み「久しぶりに良かったと思う」と好感触を得た。

 この日のピッチングでは佐藤義則投手コーチが後方からじっくりと見つめ、時折アドバイスを送った。体重移動に移った際に同コーチが左の腰を押さえたり、左肩を押さえたりする場面があり、「タイミングの取り方、間の作り方ですね。佐藤さんも見て気付いていて、言われたことを意識したことが良かった」とした。

 今季初の実戦登板となった25日のB組練習試合・巨人戦後には「やればやるほど悩みますね。自分の中では投げていく中でブラッシュアップさせていくつもりだったんですけど、やればやるほど、スッキリするのではなく、アレもコレもと出てくる」と苦悩の色を見せていたが、この日は「悪いからこそ、意識が強過ぎて考え過ぎていた。色んな事を考えるのではなく、1つのことを意識する。それがハマった感じ」と視界が開けた様子だ。

 3月2日のロッテ戦(アイビー)で先発する右腕は、いかなる変わり身を見せてくれるだろうか。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング