野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB工藤監督、ドラ1右腕2人に奮起期待「あと1、2回はチャンスはある」

ソフトバンクの工藤公康監督が、ドラ1右腕コンビの奮起を期待した。28日の「球春みやざきベースボールゲームズ」楽天戦(アイビー)で、一昨季のドラフト1位・松本裕樹投手、昨季のドラ1・高橋純平投手が今季初の対外試合に登板。先発した松本が3回3安打1失点、2番手の高橋が3回3安打5四球4失点と結果を残せなかった。

松本、高橋が楽天戦でともに失点、工藤監督「今日が彼らのすべてとは思わない」

 ソフトバンクの工藤公康監督が、ドラ1右腕コンビの奮起を期待した。28日の「球春みやざきベースボールゲームズ」楽天戦(アイビー)で、一昨季のドラフト1位・松本裕樹投手、昨季のドラ1・高橋純平投手が今季初の対外試合に登板。先発した松本が3回3安打1失点、2番手の高橋が3回3安打5四球4失点と結果を残せなかった。

 先発ローテ候補としてキャンプからA組に2人を置く指揮官。両投手ともに失点、特に高橋が大荒れとなったものの、「2回目の疲労がくる時期。今日が彼らの全てとは思わない。体の手入れをして、もうチャンスがないわけじゃないので、調整して欲しい」とかばった。

 松本は初回先頭に浴びた二塁打が失点へと繋がったところをポイントに挙げ、「立ち上がりに捉えられた。そういうところは課題になる。球威があるわけじゃないから、低めへの制球とかが大事。今日学んだところだと思うので、次に期待します」とした。制球が定まらず、5つの四球を出した高橋については「今日はかなり反動を使って投げていた。疲れたときになる。彼の力はあんなもんじゃない」と語った。

「あと1回か2回はチャンスはある。今日の出来は反省にならないと思うけど、コンディションを整えて、次いい投球をできるようにして欲しい」と工藤監督。今後も1軍のオープン戦で登板機会を与える考えだ。

【了】

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

人気記事ランキング