野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍が逆転 先制許すも初回に筒香が適時打、2回に秋山が勝ち越し内野安打

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」は28日、壮行試合(ヤフオクドーム)で台湾リーグ選抜と対戦。初回に4番・筒香嘉智外野手(DeNA)がタイムリーで同点に追いつくと、2回には秋山翔吾外野手(西武)の適時内野安打で勝ち越した。

20170228_akiyama2

坂本が倒れて追加点は奪えず

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」は28日、壮行試合(ヤフオクドーム)で台湾リーグ選抜と対戦。初回に4番・筒香嘉智外野手(DeNA)がタイムリーで同点に追いつくと、2回には秋山翔吾外野手(西武)の適時内野安打で勝ち越した。

 1点リードで迎えた2回、侍ジャパンは先頭の松田が左中間への二塁打で出塁。ムードメーカーがチャンスを作ると、小久保監督は大野にバントで送らせて着実にチャンスを広げる。そして、9番の秋山が初球をセンター方向に転がした。二塁手が何とか追いついたが、一塁はセーフ。タイムリー内野安打となり、日本が勝ち越しに成功した。

 その後、山田は内野フライに倒れ、菊池は死球。2死一、二塁とチャンスが広がったが、坂本は二飛に倒れて追加点は奪えなかった。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング