野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、2番手・牧田が連続ツーベース浴びてリードを2点に広げられる

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」は28日、壮行試合(ヤフオクドーム)で台湾リーグ選抜と対戦。3回に則本昂大投手(楽天)が逆転2ランを浴びると、4回には2番手・牧田和久投手(西武)が連続二塁打を許し、追加点を奪われた。

20170228_samurai

3安打を許して1失点、秋山が背走するも及ばず

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に臨む野球日本代表「侍ジャパン」は28日、壮行試合(ヤフオクドーム)で台湾リーグ選抜と対戦。3回に則本昂大投手(楽天)が逆転2ランを浴びると、4回には2番手・牧田和久投手(西武)が連続二塁打を許し、追加点を奪われた。

 3回3失点の則本に代わって登板した牧田は、先頭のパンに右翼フェンス直撃の二塁を浴びる。さらに、続くチェンはカウント2-2から大きな当たりを打たれ、センターの秋山が必死に背走したが、惜しくも捕球できず。タイムリーとなった。

 その後、リン・ウェイティンは菊池の必死の守備も及ばず内野安打に。1死一、三塁とされたが、1番のヤンは遊ゴロ併殺打。3安打を許したが、1失点で切り抜けた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング