野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J投手陣が17安打8失点と炎上 台湾打線に権藤投手コーチ「参りました」

3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は28日、CPBL選抜チャイニーズ・タイペイとの壮行試合(ヤフオクドーム)を戦い、5-8で敗れた。

20170228_makita

期待の則本、牧田で合計7失点

 3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」は28日、CPBL選抜チャイニーズ・タイペイとの壮行試合(ヤフオクドーム)を戦い、5-8で敗れた。

 期待の投手陣が打ち込まれた。先発だった則本昂大投手(楽天)は3回を投げて6安打3失点、2番手・牧田和久投手(西武)は2回を投げて6安打4失点と、6回までに合計7失点で試合を決められた。

 CPBL選抜チャイニーズ・タイペイの打線は、思い切りのいいスイングで侍投手陣に襲いかかった。権藤博投手コーチは「何を投げてもフルスイングだった」と驚きを隠せず。「強力だったね、あの打線は。参りました」と脱帽するしかなかった。

 侍ジャパンにとっては、この日の試合も調整の意味合いが大きかったが、それでも25日のソフトバンク戦から2連敗。投打共に課題と収穫が見え始めたところで、そろそろ白星を狙いたいところだ。この日のCPBL選抜の打線を見て、2戦目に登板する投手たちはどんな対策を立ててくるのか。3月1日は侍ジャパンの適応力が試される試合になりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング