野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

注目は「ツツゴウ」― 米メディアが侍J分析「日本にとって優勝以外は失敗」

開幕が迫る第4回WBCに向けて、米メディアが侍ジャパンを特集する記事を掲載し、決勝進出は十分に可能と分析している。米ヤフースポーツが「日本はタイトルを奪還できるか?」との見出しで展望している。

20170302_tsutsugo

筒香は「もの凄いパワー」…米メディア展望「彼らは決勝に到達できる」

 開幕が迫る第4回WBCに向けて、米メディアが侍ジャパンを特集する記事を掲載し、決勝進出は十分に可能と分析している。米ヤフースポーツが「日本はタイトルを奪還できるか?」との見出しで展望している。

侍ジャパン、2次ラウンド初戦はオランダと対決 日本野球を熟知する難敵撃破狙う(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2006年の第1回大会、09年の第2回大会と連覇し、13年の第3回大会は4強で敗れた侍ジャパン。記事では前回大会の成績について「期待外れだったと言うのは酷なことだ」と、これまでの成績を称賛しつつ、「チームの過去の成功を考えると、日本にとって優勝以外は失敗だ」とも伝えている。

 記事では今回のメンバーにおける「最大のスター」に唯一のメジャーリーガーとなる青木宣親外野手(アストロズ)を挙げ、逆に大谷翔平投手(日本ハム)の欠場を「最大の損失」としている。

 また、注目の選手に主砲の筒香嘉智外野手(DeNA)をピックアップ。「ヨシトモ・ツツゴウはもの凄いパワーで打撃をする」とし、昨季44発を放って本塁打王に輝いたことも紹介。今回のチームについて「勝機はある。彼らは十二分にまた決勝に到達できる」と評している。

 メジャーで活躍する選手たちの大半が不参加となり、投打で期待された二刀流・大谷も土壇場で負傷欠場が決まった。それでも、侍ジャパンの下馬評は決して低くない。それはこれまでのチームが過去の大会において大きなインパクトを残し続けてきたことも大きく影響している。

 前回Vのドミニカ共和国をはじめ、ライバルたちも好選手が続々と参戦する今大会。小久保監督率いる侍ジャパンは1次ラウンド、2次ラウンドと勝ち抜き、決勝ラウンドで再びその力を証明できるか。日本の底力が試される。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング