野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神が板山の適時二塁打で2点追加 侍・武田は2回までに3失点と苦しい投球

阪神は3日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」と「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン壮行試合」(京セラドーム)で対戦。初回に原口の遊ゴロの間に1点を先制すると、2回には板山の2点二塁打で追加点を奪った。侍ジャパンの先発・武田は苦しい投球が続いている。

初回には原口の遊ゴロで先制、侍は2回に山田がヒットも二盗失敗

 阪神は3日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」と「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン壮行試合」(京セラドーム)で対戦。初回に原口の遊ゴロの間に1点を先制すると、2回には板山の2点二塁打で追加点を奪った。侍ジャパンの先発・武田は苦しい投球が続いている。

 初回、阪神は先頭の北條が右前打。続く高山が右中間フェンス直撃の二塁打で無死二、三塁とした。3番で先発の鳥谷は投ゴロも、続く原口の遊ゴロの間に北條が生還。1点を先制した。

 さらに、2回は上本が四球、大山が左翼線への二塁打で再び無死二、三塁の好機。梅野はニゴロに倒れたが、板山がカウント2-2から武田の直球をライト線へ運ぶ。2者が生還するタイムリー二塁打となり、3-0とリードを広げた。

 なおも1死二塁の好機だったが、北條は空振り三振。高山の四球の後、鳥谷は左飛。武田は何とか2失点で切り抜けたが、苦しいピッチングとなっている。侍ジャパンは打線も初回は3者凡退、2回は山田が2死からレフト前ヒットも二盗に失敗とチャンスを作れていない。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬