野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍Jと同組・中国がオリックスに敗戦 好投のドラ1山岡が語る攻略法とは

オリックスのドラフト1位・山岡泰輔投手が4日、WBC強化試合・中国戦(京セラドーム)に先発し3回1安打無失点と好投し、開幕ローテ入りに向け一歩前進した。試合はオリックスが5-2で勝利した。

オリックスが5-2で勝利、「真っすぐを振ってくるイメージ」

 オリックスのドラフト1位・山岡泰輔投手が4日、WBC強化試合・中国戦(京セラドーム)に先発し3回1安打無失点と好投し、開幕ローテ入りに向け一歩前進した。試合はオリックスが5-2で勝利した。

 格下の中国打線相手だったが直球は最速146キロをマーク、変化球もスライダー、カーブが低めに決まり4三振を奪うなどドラフト1位の実力を見せつけた。前回登板の2月26日対韓国・斗山戦では変化球の精度が悪く3回3失点と課題を残していたが「前回のこともあったので今日は0点でいこうと思っていた。いい感じで投げられた」と、短期間できっちり修正しアピールに成功した。

 中国代表との対戦は実は2回目となる。2015年9月に行われたアジア選手権(台湾)でも社会人日本大表の先発として5回無失点の好投を見せていた。中国チームの顔ぶれもそこまで変わっておらず「真っすぐを振ってくるイメージ。特に2巡目からは真っすぐだけでしたね。ファウルに打たせて追い込んでからはスライダーで打ち取ることを意識していた」。

 中国は侍ジャパンとWBC1次ラウンド同組で10日に対戦することが決まっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」