野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島の新外国人ペーニャ、マルチ&初適時打 内野複数守る両打ち助っ人

広島のラミオ・ペーニャ内野手が5日、阪神戦(甲子園)で来日初タイムリーを放った。

阪神戦、第1打席から2打席連続安打が来日初タイムリー

 広島のラミオ・ペーニャ内野手が5日、阪神戦(甲子園)で来日初タイムリーを放った。

「6番・三塁」でスタメン。3-0で迎えた3回2死二塁。阪神のルーキー小野の内角直球を振り抜き、右前へ運んだ。第1打席の左前打に続く2打席連続安打が、オープン戦初の適時打となった。

 ヤンキース、ブレーブスなどでプレーして今季から入団した31歳。内野を複数こなし、両打ちという器用なメキシカンは定位置奪取へ向け、さっそくアピールに成功した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」