野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武がキューバに5-0で完封勝ち ドラ3源田は2安打1打点で好守も披露

西武は5日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドで日本と初戦を戦うキューバと強化試合を行い、5-0で完封勝利を収めた。

full-count11

完封リレーでキューバ打線を7安打無失点

 西武は5日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドで日本と初戦を戦うキューバと強化試合を行い、5-0で完封勝利を収めた。

 初回に先発・野上が2死満塁のピンチを迎えるが、6番ベニテスを見逃し三振に仕留め、難を逃れる。3回にも2死二、三塁とするが得点は許さず。3イニングを4安打1四球4奪三振無安打に抑えた。3回からは武隈、田村、小石、野田、増田が完封リレー。7日に侍ジャパンと対戦するキューバ打線を7安打無失点に封じた。

 打線は初回に迎えた1死満塁の好機を潰すも、2回に先頭・栗山が左翼への二塁打で出塁すると、1死後に「9番・遊撃」で先発したドラ3源田の右中間二塁打で先制に成功。源田も生還し、この回2点を挙げた。

 4回には、1死から四球で出塁した金子侑が二盗を決めてチャンスを広げ、浅村、山村の連打などで3点を追加。死球を受けた森が負傷交代するアクシデントに見舞われながらもリードを広げた。

 開幕1軍が有力視される源田は、4打数2安打1打点の活躍。3回にはセンターへ抜けそうな打球を好捕して失点を防ぐなど、守備でも見せ場を作った。

 西武は6日には中国代表と強化試合を行う。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング