野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパンが本番前最後の強化試合 スタメンは青木3番、坂本6番、藤浪先発

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦する。19時の試合開始を前にスタメンが発表された。

山田は1番に復帰、オリックスは金子が先発で吉田正らがクリーンアップ

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦する。19時の試合開始を前にスタメンが発表された。

 2日にチームに合流し、3日の阪神戦は「1番・中堅」で出場した青木宣親外野手(アストロズ)は、この試合は「3番・中堅」でスタメン。山田哲人内野手(ヤクルト)が1番に復帰し、実戦4試合連続で3番だった坂本勇人内野手(巨人)は6番に回った。また、好調の田中広輔内野手(広島)が「8番・三塁」で先発出場する。小久保裕紀監督は試合前に「実際に点が取れていなかったですから、今日動くのが一番のタイミングだと思った」と、青木や坂本の打順を変えた理由を説明した。

 先発は藤浪晋太郎投手(阪神)。則本昂大投手(楽天)らも登板する予定だ。オリックスは金子が先発。クリーンアップは3番・吉田正、4番・ロメロ、5番・T-岡田となっている。

 侍ジャパンはここまで練習試合を含めて実戦4試合を行い、1勝3敗とすでに本番前の“負け越し”が決定。7日にWBC初戦の1次ラウンド・キューバ戦(東京ドーム)に挑む。最後の一戦に勝利して、勢いをつけたいところだ。

 両チームのスタメンは以下の通り。

【侍ジャパン】
1(DH)山田
2(二)菊池
3(中)青木
4(左)筒香
5(一)中田
6(遊)坂本
7(右)鈴木
8(三)田中
9(捕)小林
投手 藤浪

【オリックス】
1(二)西野
2(遊)安達
3(右)吉田正
4(DH)ロメロ
5(左)T-岡田
6(一)小谷野
7(三)伊藤
8(捕)若月
9(中)駿太
投手 金子
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」