野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、先発藤浪が乱れ初回に2失点 2四球に適時失策、2盗塁も許す

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。初回に先発・藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球やエラーなどが絡んでいきなり2点を先制された。

20170305_samurai

タイムリーエラーで先制点を献上、吉田正にはタイムリー打たれ2失点

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。初回に先発・藤浪晋太郎投手(阪神)が乱れ、四球やエラーなどが絡んでいきなり2点を先制された。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 侍ジャパン打線は初回、先頭の山田がセンター前ヒットで出塁するも、菊池のバント失敗などで得点につなげられず。すると、その裏に先発の藤浪がいきなり崩れた。

 制球が定まらず、先頭の西野に四球。安達への2球目で二盗を許した。すると、安達は3球目をバント。これを藤浪が処理したものの、一塁への送球が逸れる。悪送球となり、西野が生還した。続く吉田正への初球で安達にも二盗されると、2球目の直球でバットを折りながらもしぶとくレフト前に運ばれ、2点目を奪われた。
 
 4番ロメロにもレフト前に運ばれ、無死一、二塁とピンチが広がる。T-岡田は三飛に仕留めたが、小谷野はストレートの四球。満塁となった。しかし、続く伊藤はニゴロ併殺打。なんとか2失点で切り抜けた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング