野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、3番手・岡田が4回に同点打許す オリックス若月がタイムリー

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。2回に鈴木誠也外野手(広島)の3ランで逆転に成功したが、4回に3番手の岡田俊哉投手(中日)が同点タイムリーを浴びた。

20170228_samurai

2回に鈴木の3ランで逆転も…

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。2回に鈴木誠也外野手(広島)の3ランで逆転に成功したが、4回に3番手の岡田俊哉投手(中日)が同点タイムリーを浴びた。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 3回の1イニングを完璧に抑えた平野の後を継ぎ、1点リードで4回のマウンドに上がった岡田。先頭のT-岡田は空振り三振に仕留めるも、小谷野には左中間への二塁打を許す。2死となってから、若月に131キロのシュートをセンター前に運ばれた。青木がバックホームするも及ばず、代走の小島が生還。同点に追いつかれた。

 送球間に若月が二塁に進塁。さらに暴投で2死三塁とされたが、最後は駿太を一ゴロ。同点で食い止めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング