野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・松井、3者連続空振り三振の完璧救援 打線は直後に好機作るも無得点

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。5番手で登板した松井裕樹投手(楽天)が3者連続三振の完璧救援を見せた。

同点の6回に打者3人を12球で料理、7回の好機は田中、代打・内川が凡退

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。5番手で登板した松井裕樹投手(楽天)が3者連続三振の完璧救援を見せた。

 侍ジャパンは1点リードの4回に岡田が若月にタイムリーを浴びて同点に追いつかれる。しかし、5回は岡田が西野を打ち取ると、1死から登板した増井も1安打を浴びながら無失点。松井は同点の6回にマウンドに上がった。

 先頭のT-岡田は2球で追い込み、スライダーはファウルにされるも、最後はカットボールで空振り三振。続く小島に対しても2球で2ストライクを取り、外角への146キロの直球で空振り三振に仕留めた。

 そして、伊藤は2ボールから見逃しとファウルでカウント2-2とすると、最後はチェンジアップを振らせて空振り三振。1イニングを12球、3者連続空振り三振のパーフェクト救援でWBC前最後の強化試合のマウンドを降りた。

 侍ジャパン打線は7回、坂本のヒットと鈴木の四球で1死一、二塁とするも、田中は空振り三振。さらに、小久保監督は小林に代打・内川を送ったが、初球を打って右飛に倒れ、勝ち越しはならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬