野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

惜敗のオリ福良監督、苦しむ侍Jへエール「ちょっとしたきっかけだと思う」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。敗れたオリックス・福良監督は、実戦2勝3敗と苦しんできた侍ジャパンへ向け、エールを送った。

20170305_fukura

昨季パ最下位も善戦…侍Jへ「これだけのメンバーだから絶対勝てる」

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で2大会ぶりの世界一を目指す野球日本代表「侍ジャパン」は5日、「アサヒスーパードライ プレゼンツ 侍ジャパン強化試合」でオリックス(京セラドーム)と対戦。土壇場の9回に代打・秋山翔吾外野手(西武)が決勝の2点三塁打を放ち、5-3で勝利した。敗れたオリックス・福良監督は、実戦2勝3敗と苦しんできた侍ジャパンへ向け、エールを送った。

世界一奪回へどう戦うべきか 名将・岡田彰布氏が見る「小久保ジャパン」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合は8回終了まで3-3と大接戦。9回に勝ち越されて敗れたが、福良監督は「侍にとっては良かったんじゃないですか」と笑顔で振り返り、「いい形で入っていけると思います」と太鼓判を押した。

 侍ジャパンは勝利こそつかんだものの、中盤は打線が完全に沈黙。それでも、福良監督は「2回のようなつながりが出れば大丈夫。ちょっとしたきっかけだと思う。ヒットは少なかったが、振れていない印象はなかった」と語り、「プレッシャーはすごいと思うけど、これだけのメンバーですから、絶対勝てると思うので頑張ってほしいです」とエールを送った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中