野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

豪快1号の裏で…ソフトB上林、納得できない課題「練習と試合の打撃が違う」

対外試合第1号も、この男だった。ソフトバンクの上林誠知外野手が5日のヤクルトとのオープン戦(北九州)で豪快な逆方向へのアーチをかけた。

外野ラスト1枠へ、ソフトBの“初男”がチーム1号「結果を求めていく」

 対外試合第1号も、この男だった。ソフトバンクの上林誠知外野手が5日のヤクルトとのオープン戦(北九州)で豪快な逆方向へのアーチをかけた。

 北九州のファンを喜ばせたのは、6回。カイル・ジェンセンのオープン戦初安打となる中堅への二塁打、そして川島の四球でつかんだ2死一、三塁のチャンス。

「チャンスだったので、何でもいいから走者を還すことができればいい」

 打席に入った上林は、ヤクルト3番手・平井の150キロの真っすぐを捉えた。フルカウントからの8球目。外角高めのボールをはじき返すと、打球は左翼席へと飛び込んだ。

「感触はなかった。(左翼手の)頭は越えるかなと思ったけど、球場が小さいので入ってくれた」と振り返った。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬